巻き芯が折れていますので、新規製作となります。

   旋盤にて鋼からオリジナルと全く同じ物を製作して行きます。

   全く同じ物を製作、とは言え強度的な事を考えますと
   オリジナルは強度不足が原因で折れたので、少しでも径は太い方が明かに良い。
   
   ここで肝心な事は、仮に少しでも太くしたとしたら、機械、ケースにも影響を与えない事が絶対。
   何処かが干渉していたりりしては意味が有りません。

   最終的に焼き入れ焼き戻しを行い、研磨をし、取り付けます。

   リューズの位置を見て頂くと完璧に出来たことが見れます。

   ゼンマイを巻いたり、時刻合わせをしたりと当然ですが、これで完全に復活ですね。